2021年01月19日 2021年11月25日

【フリーランスあるある】Web関係の初期相談は無料?どこまで対応したらいいの?のお悩み

今回は、積年のあれこれがミックスした、毒味の強い投稿となっております。す、すまねぇ!

「持ちうる知識はオープンスタンス・手を動かしたら有償」

お一人様フリーランスとして働き出した時は、上記のスタンスではじめました。

では、手を動かさなければいいのかな? と専門的な知識について質問を受けるようになると……、答えるための工数がかかります。その間、収入はゼロ。プライベートの時間を割いて回答していることもしばし。

質問の対応に時間を割いても、収入や案件につながりませんし、成功している事業主であったり、会社がある程度軌道に乗ってリソースに余裕がある状態でない限り、無償で対応し続ける余裕はないですよね。

というわけで、質問は気が向いた時に、全体発信で解答するルールに変えました。(つまり、ブログやメルマガでの一斉解答)

全体配信での回答なら、似たような質問を持っているけど胸のうちに留めている人にもアプローチできますし、こちらのペースで進めていいからです。

しかし、この方式にも限界があります。

  • いますぐ聞きたいのに教えてくれない! と一方的に不満を持たれる
  • 過去取引していたクライアントから、ついでみたいに質問される
  • そんなの事業者なら当然でしょ! という扱いを受ける

いやいや……ボランティアじゃ、ないんですよ……。

個人的に無償対応したい場合もありますが、なんらかのリターンを見据えている相手に対して、投資する形なのではと思います。

相手に好意を持っていたり、その後発注していただける確度が高いと判断したからであったり、協業体制もありそうだなぁとか、まぁ単に教えたいときもあったりするとは思いますが、そればっかりでは食っていけませぬ。

えーと、あなたはわたしに何の時間をくださいますか? 回答に1時間使ったら、1時間分家事代行してくださいます? あなたがサロンオーナーなら、一度無料で施術してくれるのですか?

とまぁこんな感じです。

最終的な回答はこうなりました

◯◯についてのお問い合わせありがとうございます!
今週でしたら◯◯日は調整可能です。

初期相談費用は5000/1hとなります。
実際に制作を依頼していただいた場合は、制作費から引かせていただきますね☻

弊社は◯◯中心の案件を承っている制作会社です。それ以外のご質問についてはご期待に添えない可能性が高いため、事前にどのようなご相談か教えていただけると幸いです。

おわりに

無料の体裁でも、ヒアリングシートを送るとそんな具体的な話をするつもりじゃなかったし、考えるのめんどくさい……と思うのか、返事が途絶えることもしばし。

知ってる人に軽く聞きたいなぁ〜というお気持ちはわかりますが、無料相談したいだけなら、無料相談を実施している会社さんもあります。そのような会社さまには、無料相談専任の担当者だっています。絶対時間を割いてくださいますし、相談領域も広いことが多いです。

身近に詳しそうな人がいるから聞いてみよう! ではなく、適した相手に聞いた方が、お互いに幸せなんじゃないかと思う今日この頃です。

同じカテゴリーの記事5件