2021年09月03日 2021年11月25日

ワイヤーフレーム(構成)のダイバーシティ

ワイヤーフレームのダイバーシティ

いろんな背景のある人たちがあつまると、別の用語で同じことを説明していたり、同じ用語が別のことを指していたりする。同じ用語が別のことを指しているケースが一番悲惨だけど、個人的にホッコリするのは「BL」。仕事中に不謹慎な妄想が浮かんできて、いつもニヤっとしてしまう。

話をもどすと、受託や常駐で仕事をしていたとき、会社ごとの流派があって面白かった。
用語のチョイスも様々で、最初の1週間はたいてい用語集をつくるところからはじめる。

ワイヤーフレームひとつをとっても、成果物が全然違う。
私自身は、丁寧に画面番号をふる、Excel方眼・実寸・凡例付きで指導をうけた。さすがにいまどきExcelは使わないが、プロトタイピングツールを使ってガチガチなワイヤーフレームをつくりがち。

衝撃をうけたWF①パワポスキル高すぎ!!

画像の切り抜き、補正などもパワポで行われており、カラフル。
しかもデザインセンスのあるディレクター陣が制作しており、要素の確認の粋を超えて、デザインされてるじゃんこれ……。みたいな状態のワイヤーフレーム……ではなく構成? カンプ? が送られてくる。

どこまで守ったらいいんだろう? と非常に悩んだものです。

  • メリット :クライアントとの合意形成が早い
  • デメリット:ワイヤーフレーム以上のものが出しづらい

印象的だったWF②粗すぎ!

え、ほんとにコレでお客さまと合意とれてるんですか?

と思うような衝撃的なワイヤーフレームを作る人がいた。

  • ロゴ
  • グロナビ
  • MV
  • お知らせ
  • フッター

という箱だけが並んだパワポ。

「グロナビって何入れるんですか?」
「何のお知らせを掲載するんですか? ここCMS連携します?」
「フッターは一体何を」みたいな状態で「デザインしてくれ」と言われると笑ってしまうんですが、たたき台をつくるつもりで「いい感じに」仕上げるようにしていました。
何を聞いても「OK」しか返ってこないからです笑。

  • メリット :コミュニケーションがうまくいっていれば、いちから何かを作り出せるぞ!
  • デメリット:時間がかかる!
マグロン

こんな書き方してますが、この方は、ものすごい営業力があって、面白くて、後腐れなくて、大好きです。

個人的に好きなのは、③原稿と素材が送られてくる

編集者がいらっしゃる媒体ですと、「載せたいこと」自体は決まっているので、整理された資料が送られてきます。

どこをどう切り取ってどう魅せるか? は、どんな媒体にせよ、編集者次第といえますよね。

  • メリット :調理自由
  • デメリット:デザイナーの思考に左右されがち! こうしたい! が決まってるなら指示しといたほうがだし戻しなくてよかです。
マグロン

食材となにを作りたいかご指示が来てるぞ〜! 状態。
どう情報設計するか? からが自分の仕事で、個人的には好きです。
私の言語化&ライティング能力はイマイチで、原稿は外注したい派のため、めちゃめちゃアリガタイ。

ワイヤーフレーム・構成はなんのためにあるのか

マグロン

④⑤は業界標準なんじゃないかなーと思っているので割愛。

整合性が取れないと問題のでる大規模サイト以外は、

  • どんな目的で
  • どんな要素を載せ
  • どんな優先順位で見せて欲しいのか

について、お客様・制作者ともに共通認識を持ち、合意が取るなら目的は果たせている。

つまり、情報が整理されていればいい

判断材料が足りないなら、どんなに見た目が整ったワイヤーフレームでも目的を果たせない。
判断材料がそろっているなら、別に走り書きのメモだっていいと思う(お客様にお見せするのは、憚られますが)。

いろんな流派があってもいい。
「共通認識を持ち、合意をとる」というゴールはブレないといいね。

画像
カレーライスが大好きです

「こんばんはカレーにしよう!」
「わ〜い!」
「ホウレンソウカレーよ♪」
「思ってたのと違う……」

みたいなケースは、ご家庭でもおきがちっすね。

同じカテゴリーの記事5件