2歳1ヵ月 小児難聴科2回目

朝からと〜ってもテンションの高い娘。
走り回り、すべり台をすべり、絶好調!
外出時は、ママの靴を履きたいようでゴネていましたが、ドアを開けてお外を見せたら気を取り直した模様。よかったぁ。
タイトルにあるように、今日は小児難聴科の受診があったので、15時前に早々お迎え。
どうやらみんなお昼寝の最中のようで、娘も寝ぼけ眼で現れました。

はるばるお茶の水の神尾記念病院まで。
小児難聴科のDrは物腰柔らかなおじいさまと、年配の女性。
人形がたくさんある診察室に入ったときまでは、機嫌良く「たのしいひな祭り」を唄っていた娘なのですが……
音が聞こえたらボタンを押す機械での検査で、箱の中に恐竜が見えて、大泣き。
先生に「めずらしいなぁ〜」「恐がりなの?」と言われる始末でございました。
えぇ、娘はとってもとっても恐がりなんです。
アニメ等で夜のシーンやちょっと不穏なシーンが有るだけで、ウワァアアンと声を上げて寝室に逃げ込みます。
12月にディズニーランドに行ったときには、ホーンテッドマンションとカリブの海賊で、ママのコートに染みができるほど泣きじゃくっておりました……。お友達の子は平気だったのになぁ〜。
そんな訳でまともに検査ができず……。
絵本を見て指をさすテストをすることになったのですが……警戒して、指をささない! 日々激しいアピールを繰り返しているのに、すっかりビビリん坊モードに……。
しかし、目では追ってるようで……。先生に、難聴の可能性はないでしょう。と断言されました。
シャイなところがあるので、呼んでも反応がないのは性格的なものではないかとのこと。
判断の基準がよくわからないので、旦那が食い下がっていましたが……。
発達に問題があるのでは!? と心配していたのも、区のこども相談では、コミュニケーションも取れてるし、といわれ、1回目の小児難聴科受診のときに、発達診断もやったのですが、異常もなく。
次は半年後の受診となりました〜。
娘の成長に期待ですよ〜。
0

同じカテゴリーの記事5件

るこ
文房具・手帳好きの管理人が、最後にたどり着いたのが「システム手帳」。
システム手帳は、自由自在に中身を入れ替え、自分好みにカスタマイズできるところがとても魅力的です。
このブログでは試行錯誤の様子や、使い方についてまとめています。