2020年08月23日 2020年08月29日

【2020年版】個人事業主にとってのWordPressを使ったブログ型ホームページの役割

個人事業主の場合、限られたリソースをどこに集中投下するかは大きな課題になると思います。

先日、ブログ型ホームページの役割がわからなくなった……。
以前はブログの使い方がはっきりしていたのだけど、最近どうやって発信したらいいのかわからない。SNSに注力したほうがいいのでは? 
というお悩みをお伺いしました。

役割は年々変わるかもしれませんが、意識しておきたいのは「なんのために」運用しているか?

個人事業主のSNS・ブログ・ホームページは、リスト取り(リード獲得)が目的

大前提として、個人事業主にとってのWeb集客は、最終的にはどれだけの顧客リスト(メールアドレスなどの連絡先)を取得するか? が、ゴールになります。
顧客リストを取得するために、いずれかの方法を使うことが多いです。

  • 獲得用のホームページ(サービスサイト)からのお申込(本気度が高い人が来ます)
  • ブログやSNSからのメルマガやline登録(本気度は低い事が多いので、メルマガなどで頻繁に接触してお客様をその気にさせます)
  • LPからの直お申込(商材によっては、お申込とリスト取りを同時に行うこともあります)

下の図の、右側に▽がありますが、まずは、興味を持った程度の方をたくさん集めるところからはじまります。

インスタなどのSNSでは、いろんな方に見ていただける可能性があります。

反面、ブログやサービスサイト(ホームページ)、LPにはそこまで多くの人は訪れません。
例えば、駅前でポケットティッシュを1000人に配ったとして(DMの配信やCMも同様)実際にお店に来店する人は1〜2人だと言われるのと近しい話だと捉えるとイメージが近いのではないでしょうか。

サービスサイト(ホームページ)は、あなたのサービスに興味を持った方に、「やっぱり素敵だな」と思っていただくプレゼンの場だとお考えください。面接などと同じで、未来のお客様の限られた時間の中で、魅力を伝えることになりますので、情報を整理できると◎です。

Point
WordPressを使ったホームページは、つぶしが効くため、 お申込の場として使うことも、情報発信の場として使うこともできます。 さらには、お客様の本気度に合わせたコンテンツを準備し、 メルマガやSNSからのリンク先として使うことも可能です。

WordPressを使ったホームページの役割変化

2020年現在、WordPressのブログ型ホームページは集客の手法として使うには大変な労力がかかります。

2016年頃まではSEO(書いた記事を検索エンジン経由で露出させるWeb集客方法)の難易度が低く、書けば書くだけ順位があがって、露出が増えていた時期でした。そのため、労力はかかっても、SNSや広告を使わずに、お客様を検討の場に連れてくることができたため、個人事業主にとてもお勧めでした。

しかし、検索エンジンのアルゴリズム(割愛しますが、県の条例みたいなものですね……)が変わり、個人が運営しているブログやサイトでは、たくさんの見込み顧客の目に触れることが難しくなってきました。

上記のことから、2020年現在の「WordPressを使ったホームページ」は、あなたのサービスに興味を持ってくださった方へしっかりと情報を伝える場としてお使いしたり、すでにお持ちのメルマガやSNSから、整理した情報へリンクを貼って使うと決めた方が、運用しやすいと感じています。

なまけるこ

ちなみに、特にビジネスやサービスと関係のない当ブログでは、話題(クエリ)によってはいまだに流入数の多い記事もあります。収益的なメリットはありませんが、考えを整理する場を持っておくことや、必要な時に必要な情報を取り出しやすくできるメリットを強く感じています。

これからは、SNSで発信した情報をまとめて伝える場にする

WordPressの「ブログ」は、真っ白な本のようなものです。

  • 日記を書いても◯
  • 小説を書いても◯
  • ビジネス書を書いても◯
  • お片づけ本を書いても◯

なんでもOKなのですが、
大切なことは……
「誰に、何を、なんのために伝えるか?」を忘れないようにすることです。

お仕事に興味を持ってくださった方に、お仕事のことを伝えたいなら (お申し込みしてくださる人を増やしたいなら) 興味を持ってくださった方にむけた、本を書くように……SNSで発信した情報をまとめて伝える場にしてはいかがでしょうか。

お仕事内容にまつわる「入門書」を書くつもりで、 SNSに書きつづった内容を、整理(編集)してみてくださいね。

SNSで発信した内容を整理するコツは?

なんとなく本にするなら? の大まかな章を考えておくことがポイント。

例えば、リビング、子供部屋、のように場所別でカテゴライズしたり ステップ1、ステップ2、ステップ3のように難易度別にしても良いと思います。

上手な文章を書く必要はありません!
想いをつらねてもOK、等身大にいきましょう。

情報をまとめておくことができれば、SNSから興味を持って訪れた方が、 内容を読み込もうとブックマークしてくださったり、 既存のSNS以外の方法でフォロー(メルマガがあるならメルマガ、LINE等も)してくださるようになります。

また、一度まとめた記事は、何度SNSでシェアして構いませんので、都度想いをつづってSNSでシェアしてみてくださいね。

なまけるこ

私は文章は編集しないで、とりあえず一つの投稿にまとめて貼り付けてました。中途半端な状態の記事を見ると、うわー気持ち悪い! と思い、まとめる気が湧いてきたタイプでした。

ちなみに、SNSの発信内容だけでなく、誰かに質問されたこと、話題にしたこと、仕事をする上で考えたことをまとめること有効な使い方ですので、「情報をまとめて伝える場」だと認識すると良さそうです。

3+

同じカテゴリーの記事5件

るこ
文房具・手帳好きの管理人が、最後にたどり着いたのが「システム手帳」。
システム手帳は、自由自在に中身を入れ替え、自分好みにカスタマイズできるところがとても魅力的です。
このブログでは試行錯誤の様子や、使い方についてまとめています。