2016年08月11日 2020年05月13日

WordPressのアップデートは欠かさずに! メンテナンスが必要なワケ

はじめる

なぜアップデートが必要なの?
テクノロジーは日進月歩。ブログは、実に様々なウェブサービスと連携しています。
シェアする為のSNS。バックアップを取るためのクラウドサービスなどの進化に伴い、アップデートしないと置いてけぼりになってしまいます。

例えば、Facebookのいいねボタンが変わるなら、テーマもアップデートしないと動かなくなるのです。
また、WordPressのような仕組みは、プログラムで動いています。
プラグインにセキュリティホールがあったら、そこからブログの内容を改ざんされてしまうかもしれません。

ブログにウイルスを仕込まれてしまうこともあります。
WordPress本体もしかり。
セキュリティホールや、バグが見つかるたびに。
また、よりよいサービスにするためにアップデートするんです。

レンタルブログと、WordPressの違い

いわゆるレンタルブログとご自分のサーバーで運営しているWordPressの違い、ご存知ですか? セキュリティという観点では、アップデートの方法が違います。

レンタルブログ

運営会社が、アップデートやセキュリティ対策を代行してくれます。 必ずアップデート前にバックアップを取るわけではなく、トラブル発生時に大切なブログのデータが消えてしまうことも。 そのときは泣き寝入りするしかありません。

ご自分で運営しているWordPress

管理者はあなた! 全て自己責任。
でも、知識さえあれば、丸っと別のサーバーにお引っ越しすることも出来るのが特徴です。縛られません。

新しいバージョンのWordPressが出たら、バックアップを取って、ドキドキしながらアップデートボタンを
プラグインやテーマも最新版になるよう、常に管理する必要があります。

自分でアップデートボタンを押さないと、反映されない

アップデートしたという話を聞いて、へーっとほったらかしにするのは危険の元!
WordPressの管理画面から、アップデートしないかぎり、あなたのWordPressには適応されないんです。
アップデートしてトラブルが発生したら嫌だなぁ。とお思いになるかもしれませんが、バックアップを取って! こまめにアップデートすることを心がけましょう。

まとめ

WordPressの管理人はあなた。

記事を書かずにほったらかしてるWordPressも、月に一度はログインして、アップデートすることが、WordPressブログと長くお付き合いするためのポイント。

雑草を抜くように、カチカチと、アップデートボタンをクリックしてあげてくださいね。

0

同じカテゴリーの記事5件

るこ
文房具・手帳好きの管理人が、最後にたどり着いたのが「システム手帳」。
システム手帳は、自由自在に中身を入れ替え、自分好みにカスタマイズできるところがとても魅力的です。
このブログでは試行錯誤の様子や、使い方についてまとめています。