ごあいさつ

はじめまして、こんにちは。
“commu / コミュー”へお越しくださいまして、ありがとうございます。
このページでは、「ブログ」と「わたし」について紹介させていただきます。

紙もペンも、書き手がいなければ、ただの道具。
魂を吹き込むのは私たち「にんげん」。
人間は、なぜ書くのでしょう。

「伝えたい」「のこしたい」
そんな想いがあるからではないでしょうか。

このブログでは「つたえる、つたわる、つながる」にまつわるお話をつづっています。

commu / コミューのコンテンツ

“commu / コミュー”には、「道具」にまつわる3つのコンテンツがあります。

わたしの文具箱

何かをつづる。思考を整理する。そんなときに欠かせない文房具について、つらつらと好き勝手に書き連ねているコンテンツです。
最近は手帳の使い方メインで更新しています。
このコンテンツが紙とペンをもって、アタマの中を、自由に旅するお供になれたら、嬉しいです。

つくるんです。

「弘法筆を選ばず」と言いますが、趣味を楽しむには、自分にあった道具を選ぶことも大切。
ハンドメイド(羊毛フェルト)の作り方や、アルバムづくりと合わせ、道具についてご紹介しています。

イラスト制作についてはnoteにまとめています。

デジタルお絵かきのワークフロー[note]

写真とカメラ

素人のわたしがシャッターを切るだけで、その瞬間の気持ちや匂いまで蘇る写真を残すことができるのだから、いい時代になりました。
21世紀のデジタルカメラについて、にわかカメラクラスタとして、ゆるっと書き連ねています。

Webでつたえる

「Webでつたえる」では、仕事で学んだことをメモ書きしています。

Webの醍醐味は、肩書や場所にとらわれない双方向・一対多のコミュニケーション。インターネットは司書のいない図書館みたいな場所。トイレの落書きも、意識の高い発信も、いっしょくた。だから、生々しくておもしろい。でも、誰かに届けたいと考えているなら、伝わりやすいカタチに整理しないとですね。

プロフィール

なまけるこ
ナマケるこ

伝書鳩に憧れる30代。文房具・画材・紙類が持ち物の大半。自然あふれる場所に惹かれはするものの、めんどくさがりの省エネ派。ぐでたまを尊敬しています。

Web業界の片隅に生息する事業会社のディレクター(デザイナー上がり)。美術館、博物館、映画、自然、動物、お寺、SNS等あらゆるウォッチを好む生き物。原動力は好奇心。面白そうなら即ダイブ! 2020年はキラキラを取り戻したいな。

文具にまつわる自己紹介

こんな人

更新のお供

FUJIFILM X-T3 / iPad Pro 12.9(第2世代) / iPhone XR

note

Instagram

カメラ

すきな本

created by Rinker
¥506 (2020/07/11 15:34:10時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
評論社
¥1,320 (2020/07/11 15:34:11時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥825 (2020/07/11 15:38:57時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥350 (2020/07/11 15:34:12時点 Amazon調べ-詳細)

るこ
文房具・手帳好きの管理人が、最後にたどり着いたのが「システム手帳」。
システム手帳は、自由自在に中身を入れ替え、自分好みにカスタマイズできるところがとても魅力的です。
このブログでは試行錯誤の様子や、使い方についてまとめています。