2012年08月12日 2020年05月13日

離乳食前の赤ちゃんに粉薬を飲ませる方法

離乳食が始まる前のちっちゃい赤ちゃんがお薬を処方されたとき、
まず頭によぎるのが「どうやって飲ませればいいの?」ということじゃないかと思います。
うちの娘は離乳食が始まる前に薬を処方されて、えっ……。
どうやって飲ませるの? と頭の中にハテナが浮かびました。

ちっちゃい赤ちゃんにお薬をのませる方法は、主に3つの方法が主流のようです。

1)お水で溶いたものをスポイトで与える

小鳥に餌を与える要領です。
コツは、お口の奥にチュッっと噴射することみたいです。
手前に入れてしまうと、口の端からダラ〜〜〜っとこぼれます。

2)お水で溶いたものをスプーンで与える

離乳食用のスプーンを使ってお口に流し込みます。
6ヶ月児〜大きな赤ちゃんになってくると、
粉ミルク用のスプーンがちょうどいいそうです。(by保育ママ)

3)少量の水で薬を練って、上顎に塗りつけ水で流しこむ

粉薬を少量のお水でペースト状に練って上顎に塗ります。
その後湯冷ましやおっぱいで流し込ませる方法です。

ポイント

1)2)の方法を使うときは、口に入れたあとに頭を下げてゆらゆらしてあげるといいそうです。
というのも、5ヶ月までの赤ちゃんは舌を前後に動かしてしまうので、
どうしても飲んだものを押し出してしまうんだとのこと。(by保育ママさん)
ゆらゆらしてあげることで、飲み込みやすくなるということなんですね〜!
そして絶対やってはいけないことが、ミルクなどの主食に混ぜて与えること。
ミルク自体を嫌いになってしまうことがあるので、やめてくださいとのことでした。(by薬剤師さん)
色々と勉強になりましたっ。

0

同じカテゴリーの記事5件

るこ
文房具・手帳好きの管理人が、最後にたどり着いたのが「システム手帳」。
システム手帳は、自由自在に中身を入れ替え、自分好みにカスタマイズできるところがとても魅力的です。
このブログでは試行錯誤の様子や、使い方についてまとめています。